コミュニケーションエリア
合理化されたコストやスペースをどう活用するかは大きな課題です。
折角生み出された余裕は、社員のモチベーションの向上、または
コミュニケーションの活性化に利用すべきではないでしょうか。